Your browser does not support JavaScript!
ニュース | 今日の京都プール|世界宝くじ協会に確認済み!

私たちに関しては

最初の「ジャンボくじ」は1979年に発売され、くじへの社会的関心が高まっています。そのため、抽選への理解と親しみを深めるため、1981年12月に「京都宝くじドリームホール」をオープンしました。

この種の永久宝くじPRセンターは世界で初めて。 1986年9月、京都宝くじドリームホールをオープンしました。

現在、宝くじはバラエティや賞品が多様化しており、国民の健康を楽しむために定着しています。

そこで、「抽選情報発信拠点」としての「抽選ドリームホール」では、京都抽選の歴史や仕組みの説明に加え、昨年の当選結果を確認できる「情報検索スペース」、1億現金円の重さを体感できる「宝くじドリーム」コーナーと、写真や写真で「おなじみのまちづくり」に役立つ宝くじが簡単にわかるコーナーがあります。